Mr.Children

Mr.Children ライブバージョン集-Everything(It's you)編-

<記事は随時更新いたします>
Mr.Childrenの大きな魅力の一つにライブバージョンの豊富さがあると思います。
ライブによって様々なアレンジがされるので、どのライブのアレンジが良いかについて
議論するだけで一晩語り明かせるのではないかと思います。
そんなMr.Childrenライブバージョン集のEverything(It's you)編です。
まずは公式YouTubeチャンネルにて原曲をお聴きください。

1997年2月5日13枚目のシングルとしてリリース。
B'z presents UNITE #01でB'zの稲葉さんと歌ったのを観て、
鳥肌が立ちました…。

配信映像はyoutubeで「Everything(It's you)」で検索すれば
まだ観れてしまいますが、公式ではないのでここには載せないです。
…ただ、動画削除前に観れそうなら一見の価値ありです。

突然発表された活動休止の直前に発売されて、
特に1番の歌詞は何だか当時の桜井さんの多忙ぶりというか、
自分の感情をそのまま歌詞にしている部分に才能だけではない
若さを感じます。

オリコンチャートでは初週60.2万枚、累計売上は121.7万枚。
ミリオンに到達すべくして到達した曲ですよね。

では、Mr.Children Official Channelにアップされている、
「Mr.Children Tour 2004 シフクノオト」からライブバージョンを確認してみましょう。
とてもアレンジが凝っているシフクノオトverを公開する
公式チャンネルにこだわりを感じます。

原曲と比較すると…
➀イントロからピアノメインの演奏になっている
➁歌うスピードが原曲より全体的にスローテンポ
➂1番はピアノのみの演奏
➃1番サビの「STAY」の歌い方がとても優しい
➄2番もピアノのみの演奏
➅2番サビの「STAY」の歌い方が1番優しいアレンジとも違う
➆2番が終わった後にバンドの演奏が入る
➇ラストサビから原曲に近い歌い方、サウンドになる
➈ラストサビの「もう君の好きなようにして」の「して」の歌い方が違う

まさに静と動、チェンジオブペース、
ゆっくりと歌い上げ、シンプルなピアノ演奏だけで進行していき、
段々と歌も音も重厚になっていく…
Mr.Childrenのライブ神アレンジのランキングがあれば必ずトップ5には
入るくらいのアレンジだと思います。

-Mr.Children

© 2022 「ハイキュー!!」名言部 Powered by AFFINGER5